出産してからお腹のお肉がなかなか戻らない!こどもがおっぱいと間違えることも

 

昨年の四月に第一子を出産いたしました。
体重は少しずつ戻っていき、現在は元の体重まであと2キロです。
その2キロがなかなか落ちないのも悩みなのですが、お腹の肉が引っ込まないというか落ちないというか……。
元の体型に戻らないのです。
着やせするタイプなので、服を着ているときは自分で言うのもなんですが、子どもを産んだようには見えない感じです。
しかし実際は引き締まっていないお腹が隠れています。
健康的な肉付きなのかなとも思いますが、今のうちに元の体型に戻しておかないと、もっと年を取ったときには落としづらいですし、子どもがお年頃になったときにお腹を見られて「デブ」と言われたらおそらく立ち直れません。
現在でも子どもが寝ぼけていたりすると、おっぱいと間違えてお腹を揉んだり吸ったりしています。
遊んでいるときはお腹を段差代わりにして遊んだりいたずらしています。
それを主人に見られているのがとても恥ずかしいです。
それにごはんを食べると胃下垂なのか、余計お腹が出てきてしまうのでハイウエストのズボンやスカートが履けなくて困っています。

 

出産を終えてからの悩みとしては、体重の増加とともに、二人目不妊の悩みなども出てくることがあります。
この記事を呼んで、妊娠に不可欠となる黄体ホルモンについて知っておくこともおすすめです。

面倒臭がりでもできる楽な方法や、身体に負担のないダイエットを行っていきます

 

自他ともに認めるほどめんどくさがりなので、いかに楽に痩せられるか、そして授乳期でもあるので、あまり無理せず体に負担のないようにダイエットに取り組みます。
お腹をへこませながら生活すると、自然とお腹が引っ込んでいくと聞いたことがあるので、時間があるときは常にお腹をへこませながら生活していきます。
また、フルーツ青汁というものに、ダイエットに利くという酵素がたくさん含まれていると耳にしました。
さらにフジッコのお豆ちゃんで、置き換えダイエットに挑戦できる黒豆の商品があるそうなので、フルーツ青汁とあわせて一食置き換えダイエットを試してみようと思います。
子どもの離乳食も始まっているので、安いスムージーをつくる機械も見つけたので、離乳食をつくる傍ら酵素ドリンクを自分でも作ってみようと思います。
便秘も治るとのことなので、健康的な体も手に入るし一石二鳥になります。
子供をあやしながらの運動もいいと聞いたので挑戦します。

一緒に読みたい記事♪